遺産分割とは?

遺産分割協議書とは

遺産分割とはその名のとおり、遺産を分割することです。

遺言で各相続人の取得する財産が具体的に特定されている場合は、
遺産分割協議は不要です。

しかし、遺言がなく法定相続による場合や、遺言があっても
詳細が書かれておらず、相続人間の割合が書かれている場合などは
遺産分割協議によって、誰がどの財産をどれだけ取得するかを協議し、
財産を分けることになります。

相続人全員の協議により自由に決めることができます。
(誰が・どの財産を・どの方法により取得するかなど)

遺産分割の方法には、現物分割、代償分割、換価分割があります。

遺産分割をした場合、分割協議による権利取得を
第三者に主張するためには相続登記をしていることが必要となります。

また、遺産分割協議書は作成を義務付けられているわけではありませんが、
あとあとのトラブル防止などのために、必要になりますので、
できれば遺産分割協議書は作成しておきましょう。

これらの法的処理を漏れなく的確なタイミングで
行うためには弁護士の力を借りることをお勧めします。

当サイトでも、遺産分割や遺産分割協議書に詳しい弁護士と提携していますので
お住まいの地域やご事情に応じて無料でご紹介いたします。


遺産分割協議書の作成のしかた

相続によって、遺産を取得する人が1人とは限りません。そういった場合、複数人で、故人の財産を分割して、相続していくことになります。

このときに、遺産をどのように分けるを決めて、各自が負担する相続税額を計算していきます。その際に、作成するのが、「遺産分割協議書」です。

遺産分割協議書には、内容さえ明確であれば、書式や形式、縦書きや横書きなどに、特別な決まりはありません。

筆記であってもパソコンで作成してもかまいません。

ただし、分割協議は、協議者全員の合意が必要です。そのため、1人でも相続人を除外して、分割協議をしても、その分割協議は無効となってしまいます。

そのため、遺産分割協議書には全員が自署(サイン)をして、印鑑証明を受けた実印で押すことになります。

遺産相続手続き・相続相談なび

Copyright (C) 2007 相続手続き・相続税なんでも相談なび |専門家による無料相談で不安解消. All Rights Reserved.