贈与税とは

贈与税は、ある人から別の人への贈与に対して課税される税金です。この贈与税は、相続税を補完するための税といわれています。

補完とは、相続税を助けるためという感じの意味です。

なぜなら、一般的に、相続税を避けるために、事前に財産を贈与するという方法を取ります。この際に、相続税の補完として贈与税を課税するというスタンスを税法は取っていることになります。

なお、贈与税の税率は、相続税の税率より高いのが特徴です。
毎年1月1日から12月31日までの期間に贈与された財産について計算することになります。

贈与税の計算
 (贈与財産の価額 ― 配偶者控除 ― 基礎控除) ×税率
 
配偶者控除とは、婚姻期間が20年以上の夫婦間での居住用不動産の取得のためにあてる金銭などの贈与に際しては、2000万円を限度として控除することができるものです。

基礎控除とは、必ず引くことのできる一定の金額のことです。
贈与税の場合は、110万円です。つまり、年間110万円までの贈与については、贈与税は課税されません。



カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

遺産相続手続き・相続相談なび

Copyright (C) 2007 相続手続き・相続税なんでも相談なび |専門家による無料相談で不安解消. All Rights Reserved.