遺言の種類

相続というのは、労せず財産を取得することになるため、親族間で自分の取り分に関しての争いが起きることがあります。

このような相続が争続にならないためにも、しっかりとした遺言を残し、残された人たちに禍根を残さないようにすることが重要です。
遺言には、大きく3種類の遺言があります。
① 自筆証書遺言
② 公正証書遺言
③ 秘密証書遺言



カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

遺産相続手続き・相続相談なび

Copyright (C) 2007 相続手続き・相続税なんでも相談なび |専門家による無料相談で不安解消. All Rights Reserved.