相続を放棄する場合

相続は、財産のすべてを引き継ぐことになります。そのため、プラスの財産だけでなく、マイナスの財産(借金など)も引き継ぐことになります。

ケースによっては、マイナスの財産のほうが、プラスの財産より多い場合もあるかと思います。

そういった場合、財産の一切を相続しない、「相続放棄」という方法を検討する必要があります。

相続放棄をした場合、最初から相続人はなかったもとのみなされますので、代襲相続※はできません。

※代襲相続とは、故人に、子どもとその孫がいた場合、故人より先に子どもがなくなっていたときに、その子どもの相続分を孫が代わりに相続できることをいいます。

財産については、財産を放棄した人以外の人で、分割されることになります。



カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

遺産相続手続き・相続相談なび

Copyright (C) 2007 相続手続き・相続税なんでも相談なび |専門家による無料相談で不安解消. All Rights Reserved.