すべて放棄するケース

受け取る財産以上に引き受ける負債が多い場合には、負債をすべて引き受けないということもできます。この場合には、当然、負債だけでなく、財産を取得することもできなくなります。この状態を「放棄」と呼んだりします。

この放棄をする場合にも、相続開始から3ヵ月以内に相続人全員の了解を得た上で、家庭裁判所に申術をしないといけません。



カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

遺産相続手続き・相続相談なび

Copyright (C) 2007 相続手続き・相続税なんでも相談なび |専門家による無料相談で不安解消. All Rights Reserved.