使用貸借と賃貸借の違い

土地の貸し借りに際して、通常は、借りている人は、貸している所有者に対して、地代を支払います。
こういった貸借を「賃貸借」と呼びます。

なお、地域によっては、権利金の支払いが一般的となっている場合には、地代のほかに、権利金などの一時金を支払うことがあります。

借主は、上記のような支払いをすることで、借地権という、土地を借りる権利を有することになります。

しかし、このような地代や権利金を支払わずに、土地を借りることを「使用貸借」と呼びます。

親子間や親族などの場合に、多く見受けられます。

「使用貸借」か「賃貸借」かで、相続税の評価額や、贈与税の課税の有無が変わってきますので、要注意です。



カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

遺産相続手続き・相続相談なび

Copyright (C) 2007 相続手続き・相続税なんでも相談なび |専門家による無料相談で不安解消. All Rights Reserved.