財産のほとんどが不動産の場合の納税

財産のほとんどが、不動産の場合には、納税の際にとても困った問題が起きます。

それは、納税は原則、現金で納付することとなっているためです。

例えば、財産の大半が不動産の場合、その不動産を相続したことで、相続税額が1000万円
発生したとします。

しかし、不動産の相続の場合、現金をもらったわけではありませんので、この納税が難しくなってきます。

そういった場合に備えて、事前に対策できることは、

(1)不動産の評価額をきちんと把握しておく

(2)土地の利用区分等をしっかりと検討し、土地の評価が下げられないかを検討しておく

(3)不要な土地は、売却の手続きをして換金しておく

などの方法が考えらます。

不動産の評価で困ったら、ご相談ください。



カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

遺産相続手続き・相続相談なび

Copyright (C) 2007 相続手続き・相続税なんでも相談なび |専門家による無料相談で不安解消. All Rights Reserved.