路線価とは

土地の評価方法には、一般的に「路線価」が使用されます。

この「路線価」というのは、道路に対して、1㎡あたりの価額を千円単位で、値段をつけたものです。

例えば、路線価が1㎡あたり200千円であったとします。この道路に面している土地が500㎡持っていたとします。

この場合の土地の評価額は、200千円×500㎡=100,000千円(1億円)になります。

接している道路の価値、「路線価」によって、土地の評価額が計算されるのです。



カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

遺産相続手続き・相続相談なび

Copyright (C) 2007 相続手続き・相続税なんでも相談なび |専門家による無料相談で不安解消. All Rights Reserved.