法定相続人とは

相続人とは、相続により財産を取得する人のことです。また、亡くなった人のことを被相続人といいます。

法定相続人とは、通常、亡くなった人の財産を取得する人とは、遺言等によって定めていないのであれば、法律で定めている相続人(「法定相続人」といいます)が財産を取得することになります。

この法定相続人とは、
・その被相続人の配偶者(奥さんやご主人)
            ・・・生きているかぎり必ず相続人になります。
・その被相続人の子や孫
・その被相続人の直系尊属(父母、祖父母など)
            ・・・被相続人に子供がいない場合に該当します。
・ その被相続人の兄弟姉妹
            ・・・被相続人に子供も直系尊属もいない場合に該当します。



カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

遺産相続手続き・相続相談なび

Copyright (C) 2007 相続手続き・相続税なんでも相談なび |専門家による無料相談で不安解消. All Rights Reserved.