相続税の計算のしくみ

相続税の金額を計算するには、いくつかの計算手順を踏まなければいけません。
  
  大きな手順は以下のようになります。
1. 相続人を明らかにする
 
2. 各人の相続税の課税価格を計算する
  相続税の課税価格とは 
相続財産
 + みなし相続財産
 △ 債務控除
 △ 葬式費用
 +生前贈与財産
 相続税の課税価格の合計

  この各人別の相続税の課税価格を全員分合算したものが、相続税の課税価格の合計。

3. 課税遺産の総額を計算する
    課税価格の合計 ― (遺産にかかる基礎控除額※) = 課税遺産総額
      ※遺産にかかる基礎控除額
       5,000万円 +1,000万円 ×法定相続人の数
   つまり、相続財産の合計が5,000万円未満であれば、相続税は発生しないことになります。

4. 各人の法定相続分に応じた取得額を計算する
     課税遺産総額 × 民法に期定する相続人の相続分(法定相続分)
   =各相続人の法定相続分に応じた取得金額
     
5. 相続税の総額を計算する
各相続人の法定相続分に応じた取得金額 × 相続税の税率
   =相続税の総額

6. 各相続人の相続税を計算する
    相続税の総額 × (各人の課税価格 /課税価格の合計額)
    =各相続人の相続税額

7. 納付すべき相続税を計算する
     各相続人の相続税額 
△配偶者の税額軽減
      △未成年者控除
      △障害者控除
      △贈与税額控除
      +1親等・配偶者以外の者は相続税額の2割加算
各人の相続税額

EX)実際に計算した場合
  相続税の課税価格が総額2億円、相続人は配偶者1億円、子ども2人(長男 25歳、長女12歳)に各5000万円の場合

   1.法定相続人は、配偶者、子2人の計3人
   2.課税価格の合計は2億円
   3.課税遺産総額
     2億円 △基礎控除額 8,000万円※=1億2,000万円
※ 基礎控除額 5,000万円+1,000万円×3人=8,000万円

   4.各人の法定相続分
     妻     1億2,000万円 × 1/2=6,000万円
     子(長男) 1億2,000万円 × 1/2× 1/2=3,000万円
     子(長女) 1億2,000万円 × 1/2× 1/2=3,000万円

   5.相続税の総額
     妻     6,000万円 ×30%-700万円 =1,100万円
     子(長男) 3,000万円 ×15%-50万円 =  400万円
     子(長女) 3,000万円 ×15%-50万円 =  400万円
                        計  1,900万円

   6.各人の相続税額
     妻  配偶者の税額軽減により、配偶者の法定相続分か1億6,000万円までのいずれか多い金額まで非課税になる。
        取得価額1億円のため、相続税額はゼロ円。

     子(長男)  1,900万円 × (5,000万円 / 2億円)=475万円

子(長女)  1,900万円 × (5,000万円 / 2億円)=475万円
             475万円 △48万円※= 427万円
      ※未成年者控除
(20歳―12歳)×6万円=48万円



カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

遺産相続手続き・相続相談なび

Copyright (C) 2007 相続手続き・相続税なんでも相談なび |専門家による無料相談で不安解消. All Rights Reserved.