相続税の税務調査

相続税の申告書を提出すると、税務署では、その内容を確認します。

そして、その後、税務調査が行われることがあります。遺産総額が多くなればなるほど、調査が入ると想定しておいたほうがよいでしょう。

調査といっても、アポイントもなく、いきなり調査官が家の中を探し回るといったものではありません。
まずは、申告を担当した税理士と相続人に対して調査したい旨の電話があり、日程を調整して、調査官が訪れます。

調査の際には、税務署では、すでに申告書の内容に関してはもちろん、銀行の口座などについても調査が済んでいます。

特に、家族名義の口座に関しては、「名義預金」かどうかが調査のポイントです。
名義預金とは、家族の名前の口座ですが、実質的には、被相続人の財産を預けてある口座のことです。

そういった口座があった場合、確実に調査の対象となってきます。調査によって、財産の計上にもれがあると追加納税が必要になったり、悪質ですと、さらに追徴課税が行われます。

申告の際に、しっかりと、全部の財産を確認しておくことが重要です。



カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

遺産相続手続き・相続相談なび

Copyright (C) 2007 相続手続き・相続税なんでも相談なび |専門家による無料相談で不安解消. All Rights Reserved.