相続人とは

相続で財産を取得する人を相続人といいます。

この相続人になれる人は、法律で決まっています。

具体的には、配偶者と血族です。

亡くなった人の配偶者(つまり夫や妻)は、相続権があります。しかし、婚姻届が出されている正式な配偶者に限られます。そのため、籍を入れない内縁の関係の場合には、相続人にはなれません。

血族の相続人には、
(1)被相続人の子どもや孫などの「直系卑属(ちょっけいひぞく)」
(2)被相続人の親や祖父母などの「直系尊属(ちょっけいそんぞく)」
(3)被相続人の兄弟姉妹や甥・姪などの「傍系の血族」
があります。

上記の(1)が一番優先順位が高く、(1)がいなければ(2)、(2)がいなければ(3)という順番で、相続人に該当になります。

つまり、被相続人の、子ども、親、兄弟すべてが生きている場合、(1)である子どもに
相続権が与えられ、親や兄弟は相続人になれません。



カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

遺産相続手続き・相続相談なび

Copyright (C) 2007 相続手続き・相続税なんでも相談なび |専門家による無料相談で不安解消. All Rights Reserved.