遺産分割の方法には

相続人が複数いる場合、遺産分割が必要になります。

遺産分割の方法には、大きく、次の5種類の方法があります。

(1)現物分割
土地はAさん、株式はBさんといったように、現物を誰が取得するかによって分ける方法です。最も一般的ですが、実際に相続分どおりに分割するのが難しい方法でもあります。

(2)代償分割
相続人の1人が財産を取得する代わりに、他の相続人には金銭を支払う方法です。財産を取得する相続人に、財力があれば可能な方法です。

(3)代物分割
相続人の1人が財産を取得する代わりに、他の相続人には別の財産を渡す方法です。相続人が、別の相続人に渡す財産には、譲渡益に関する所得税が課せられるのが難点です。

(4)換価分割
相続財産をすべて売却して、その代金を分割する方法です。現金化することで、公平に分割できますが、譲渡の際に、譲渡益に関する所得税が課せられます。

(5)共有分割
相続人全員で、共有する方法です。公平に分けることはできますが、不動産を共有した場合には、自分の持ち分だけ売却するのは難しく、資産の自由度が低くなります。



カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

遺産相続手続き・相続相談なび

Copyright (C) 2007 相続手続き・相続税なんでも相談なび |専門家による無料相談で不安解消. All Rights Reserved.