遺産分割協議書の作成のしかた

相続によって、遺産を取得する人が1人とは限りません。そういった場合、複数人で、故人の財産を分割して、相続していくことになります。

このときに、遺産をどのように分けるを決めて、各自が負担する相続税額を計算していきます。その際に、作成するのが、「遺産分割協議書」です。

遺産分割協議書には、内容さえ明確であれば、書式や形式、縦書きや横書きなどに、特別な決まりはありません。

筆記であってもパソコンで作成してもかまいません。

ただし、分割協議は、協議者全員の合意が必要です。そのため、1人でも相続人を除外して、分割協議をしても、その分割協議は無効となってしまいます。

そのため、遺産分割協議書には全員が自署(サイン)をして、印鑑証明を受けた実印で押すことになります。



カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

遺産相続手続き・相続相談なび

Copyright (C) 2007 相続手続き・相続税なんでも相談なび |専門家による無料相談で不安解消. All Rights Reserved.