相続税がかかる財産とは

相続税とは、亡くなった人から財産を取得した場合に、かかってくるものです。

それでは、財産には、どのようなものがあるでしょうか。

この財産とは、現金や預貯金、有価証券、宝石、土地、家屋などが思いつくと思います。

それ以外にも、貸付金などの債権や、特許権、著作権など金銭に見積もることができる経済的価値のあるものなども含まれます。

また、次に掲げる財産も含まれます。

(1)取得したとみなされる財産
死亡による、死亡退職金、生命保険契約の死亡保険金などが該当します。

(2)故人(被相続人)から、亡くなってから前3年以内に贈与により取得した財産
3年以内に贈与を受けた財産も、相続税の計算に含まれます。

(3)相続時精算課税制度の適用を受ける贈与財産
故人の生前に、相続時精算課税の制度を使って贈与を受けた場合には、その贈与財産が相続税の計算に含まれます。



カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

遺産相続手続き・相続相談なび

Copyright (C) 2007 相続手続き・相続税なんでも相談なび |専門家による無料相談で不安解消. All Rights Reserved.