亡くなった人の所得税(準確定申告について)

相続人は、相続開始から4カ月以内に、亡くなった人(被相続人)の所得税について、申告と納税をしなければなりません。

計算の対象となる期間は、この被相続人における、その年の1月1日から相続発生日までです。

この所得における申告は「準確定申告」と呼ばれています。

通常、個人の所得税の確定申告は、前年の1月1日から12月31日までの分を翌年の3月15日までに、申告しなければなりません。

もし、被相続人が、前年分の確定申告をしないまま亡くなってしまった場合にも、相続開始から4カ月以内に、前年分の所得税を申告しなければなりません。

期限が過ぎてしまわないように、気をつけましょう。



カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

遺産相続手続き・相続相談なび

Copyright (C) 2007 相続手続き・相続税なんでも相談なび |専門家による無料相談で不安解消. All Rights Reserved.