相続税の基礎控除額

相続により財産を取得したら、即、相続税がかかるわけではありません。


遺産総額から、「基礎控除額」という金額を差し引いて、計算していきます。


「基礎控除額」は、5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)です。


たとえば、ご主人と奥さん、それに子供2人いる場合、

5,000万円+(1,000万円×3人)=8,000万円

までは相続税がかかりません。


自分は、そんなに現金がないから大丈夫と思っている方。

相続税は、何ももっている現金だけにかかるものではありません。

不動産や株なども相続の対象になります。




カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

遺産相続手続き・相続相談なび

Copyright (C) 2007 相続手続き・相続税なんでも相談なび |専門家による無料相談で不安解消. All Rights Reserved.