相続税はどれくらいかかるの?

これは一概にはいえません。
その亡くなった方の相続財産の金額によって異なります。
相続税の税率は、累進税率と呼ばれる、相続財産が多いほど、相続税が高くなるしくみになっています。

    
この図にあるように、最大で50%(全財産の半分)の相続税がかかってきます。
しかも、相続財産には、換金しにくい土地や自社株などの財産も含まれています。
この土地や自社株の財産を相続したことにより、現金で相続税を支払うことになると、当然その分の現金が足りなくなってしまいます。
そのため、相続税がかかる場合、事前の相続対策が非常に重要になってくるのです。



カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

遺産相続手続き・相続相談なび

Copyright (C) 2007 相続手続き・相続税なんでも相談なび |専門家による無料相談で不安解消. All Rights Reserved.