未分割財産の分割

財産に関して、誰が取得するかが決められず、未分割の状態になってしまった場合でも、相続税の申告は待ってくれません。その場合には、法定相続分によって相続したものとみなして、相続税を計算し、申告する必要があります。

また、未分割の状態ですと、配偶者の税額軽減の規定や、小規模宅地等の特例の規定が適用できないため、相続税額が大きくなってしまいます。

その後、分割が決まった場合には、申告期限から3年以内であれば、配偶者の税額軽減等の規定を適用し、既に支払った税額の更正の請求をすることができます。



カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

遺産相続手続き・相続相談なび

Copyright (C) 2007 相続手続き・相続税なんでも相談なび |専門家による無料相談で不安解消. All Rights Reserved.