遺留分の減殺請求

遺留分の減殺請求は、1年以内に、内容証明郵便などで、受贈者又は受遺者に対する意思表示を行う必要があります。

遺留分とは、本来、相続できる立場にある人が、遺言などによって、財産を取得できない状態の場合に、受贈者又は受遺者に、財産の一部を請求することができる権利をいいます。

遺留分について権利がある者は、配偶者、子(または代襲相続人)、直系尊属(親等)です。そのため、 兄弟姉妹には遺留分は認められません。

また、遺留分はあくまで相続人に認められる権利であり、相続欠格・廃除・相続放棄があれば、遺留分も認められません。



カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

遺産相続手続き・相続相談なび

Copyright (C) 2007 相続手続き・相続税なんでも相談なび |専門家による無料相談で不安解消. All Rights Reserved.