相続税の申告

相続税の申告は、10カ月以内に、被相続人の住所地の税務署に、相続税の申告書を提出しなければなりません。

この相続税の申告をするためには、被相続人の財産・負債等のすべてを評価し、遺産総額を求めなければなりません。

遺産総額が算出されれば、それを元に、相続税額が算出していくことになります。そして、財産に関して、誰がどの財産を相続するかを決めて、その相続に基づいて、各人の相続税額を計算していくことになります。



カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

遺産相続手続き・相続相談なび

Copyright (C) 2007 相続手続き・相続税なんでも相談なび |専門家による無料相談で不安解消. All Rights Reserved.