相続人の調査・確認

相続人の該当者及び人数を確認するための調査・確認を行います。

調査にあたっては、亡くなった人の出生から死亡までの戸籍・除籍・原戸籍謄本を確認し、婚姻の有無、子の有無、子の認知や養子縁組の有無を確認します。

特に、認知や養子縁組などは、夫婦であっても知らないケースもあるため、必ずもれがないかを確認します。相続人が1人でももれてしまうと、相続関係図の作成も無効になってしまいます。



カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

遺産相続手続き・相続相談なび

Copyright (C) 2007 相続手続き・相続税なんでも相談なび |専門家による無料相談で不安解消. All Rights Reserved.