相続手続きの流れ

相続は、故人(被相続人)が亡くなった時点から始まります。

故人が亡くなると、7日以内に、死亡者の住所地に市町村役場の戸籍係に
死亡届の提出が必要です。


次に、被相続人に遺言があるのか確認しましょう。
遺言書がある場合、最寄りの家庭裁判所に遺言書の検認手続きの申し立てを
行い、家庭裁判所で開封しなければいけません。
なお、公正証書遺言書の場合には、家庭裁判所での手続きは不要です。

遺言書がない場合には、相続人の間で、財産を分ける話し合いが必要に
なります。

このとき、財産だけでなく、借金についても状況を確認し、相続するか
しないかを判断することになります。

相続放棄や限定承認などを家庭裁判所に申し立てる期限は3カ月以内です。



カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

遺産相続手続き・相続相談なび

Copyright (C) 2007 相続手続き・相続税なんでも相談なび |専門家による無料相談で不安解消. All Rights Reserved.