申告期限が過ぎてしまったら

相続税の申告期限は、亡くなってから10カ月以内です。
この期間は長いようで、けっこう早く来てしまうものです。

期限を過ぎてから、申告した場合、どうなるのでしょうか?

じつは、相続税額が発生している場合には、その税額とは別に
延滞税という、いわゆる延滞利息のような税金が発生します。


また、期限が過ぎても、申告をしなかった場合、どうなるでしょうか?

相続税額が発生しているのに、申告をしないでそのままに
しておくと、無申告加算税という税金が発生します。

いずれにしても、相続税の税金だけでも払うのは大変なのに、
延滞税や無申告加算税という追加の税金が発生してしまうわけです。

このような無駄な税金を払わないためにも、
ぜひ、相続税が発生しそうな場合にはご相談ください。



カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

遺産相続手続き・相続相談なび

Copyright (C) 2007 相続手続き・相続税なんでも相談なび |専門家による無料相談で不安解消. All Rights Reserved.